クラミジア対策には持ってこいのクラビットで性病は安泰

クラミジアの原因

クラミジアは若年層に多い性感染症となっており、その割合は10人に3人とも言われています。
性感染症は性行為を行う以上、感染の可能性は避け難いものであり、現在でも多くの人達が感染し、更に感染を広げています。
この感染拡大の大きな理由の一つとして、性感染症は全般的に自覚症状が乏しい事が挙げられ、本人も感染しているとは知らずに感染を広めてしまっていることもあるからなのです。ですので定期検診などを利用して、早期発見に努める必要が出てきます。

クラミジアは現在では一番多い性感染症と言われるほどになっており、感染の可能性は非常に高いものとなっています。潜伏期間などもあるため自覚するのに時間が掛かり、症状が出始めても気づかない人も多いものとなっています。
しかし放置していれば性器機能へのダメージとなって積み重なり、不妊などの原因となってしまうものとなります。炎症が起こるため、性器付近の痛みや違和感、女性であればおりものの量やにおいの変化などがありますので、日頃から小さな変化でも見逃さないようしておくことが大事です。
クラミジアは性感染症ですのでその感染原因は性行為です。
キスだけでも感染の可能性はあるため、性的接触全般に感染の可能性があると思っておいたほうが良いでしょう。
性器同士や、口での愛撫で性器から口へ、口に感染していたものが性器へという感染経路があります。コンドームは直接接触を避けることが出来ますので予防効果はありますが、最初から付けておかなければなりませんし、口での愛撫などを行うならばコンドームだけではカバーできない部分もありますので完全な予防というのは難しいものとなっています。
逆に性行為以外では感染の可能性はありません。
病原菌自体は非常に弱いもので、人間の身体でなければ生きることが出来ませんので、お風呂での感染や、タオルなどの使い回しが感染の原因となることはありえないでしょう。あくまで粘膜同士の接触があったときのみ、感染の危険があります。
治療には抗生物質などの抗菌薬で行い、再発の無いよう最後までしっかり治療することが重要です。
病原菌は自分たちを死滅させようとするものに対して耐性を持つように成長し、薬の効果が効かなくなってしまうことがあります。
現に抗生物質が効かなくなってしまっている病原菌は増えてきており、治療が困難な場合も出てきています。そういった菌を生み出さないためにも、性感染症にかかった際は確実にな治療を施し、自身の健康のためと、周りへの感染拡大を防ぐようにしておきましょう。