クラミジア対策には持ってこいのクラビットで性病は安泰

クラビットの効き目

クラビットはクラミジアの治療に良いとされるものでジェネリックの医薬品も多く販売されています。クラビットに使われている成分はレボフロキサシン水和物というもので、これは色々な感染症によく効くとされているものです。
クラミジアだけではなく、グラム陽性菌、グラム陰性菌、レジオネラ、マイコプラズマなどの最近にも効き目があると言われております。今までは感染症の時にはタリビットというものが使われていることが多かったのですが、クラビットやこの薬のジェネリックは治すことが難しいとされていた感染症にも効果があり、抗菌力も優れているため日本中で利用される抗菌薬の1種類になりました。
このような薬の中では副作用もほとんどないものとなっており、今までセフェム系抗生物質やペニシリン系抗生物質にアレルギーを持っていて使えなかった人でも使えるようになっています。呼吸器や皮膚、尿路にも作用することもあり、耳鼻科領域などの感染症でも使うケースがあります。
この薬の効果は細菌のせいで起こってしまう、発赤、腫れ、化膿、痛み、発熱などの原因となってしまう細菌のDNAの複製を抑えることで繁殖をさせないで、殺菌する力も持っているので、体に出てくる症状を治してくれます。感染している人が非常に多くなっているものに効果が非常に高いので、処方されることが多くなっています。
使い方も非常に簡単になっていて1日に1回500mgを水かぬるいお湯で飲むだけとなります。重たい症状になっている場合であれば、1日に1回750mgの量に変えて数日間使ってください。どれくらいの症状かによって使う量は変わってくるため一度使う前に医者で相談をしておくと良いでしょう。
現在確認されている副作用としては、下痢や吐き気、発疹などとなっています。ほとんどの場合は軽い症状で終わりますが、もしも副作用が長く続いてしまう場合は病院に向かってください。またこの薬の特徴として副作用で光線過敏症が出てしまうことが確認されています。これは肌に太陽の光が直接当たると皮膚が発赤したい、水ぶくれになってしまうというものです。そのためこの薬を使っている時は、太陽の光を浴びないように過ごすか、出来るだけ長袖長ズボンにしておくと良いでしょう。
購入は個人輸入などの通販を利用することをおすすめします。後発品であれば安く購入できますし何より通院などの手間がかからないこともポイントの一つです。出来るだけ手間もかけず安く購入したいというのは誰でも考えることなので、そういう場合は個人輸入を利用してみてはいかがでしょうか。